空の下の鐘

(株)トミーウォーカーのPBW『サイキックハーツ』と『ケルベロスブレイド』言うゲーム内に存在する【一・了/滝摩・翔】と【露切・沙羅】、その背後のブログです。

プロフィール

一・了

Author:一・了
【年齢】14歳
【ルーツ】魔法使い
【ポテンシャル】人狼
【備考】女の子らしさに憧れる男の子っぽい女の子

滝摩・翔
【年齢】16歳
【ルーツ】殺人鬼
【ポテンシャル】シャドウハンター
【備考】肉が大好きな楽天家。何をおいても肉が好き。

TW5
露切・沙羅
【年齢】15歳
【種族】地球人
【職能】ガンスリンガー×巫術士

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■【TW5】あのヒトがいたから


沙羅の昔の幼馴染についてちょっとだけ。
* * *





「露も切るほどすごい修羅・・・でも修羅って、なんだか怖い良いかたかしら」

少女の紡ぐ言葉をただただ聞いていた。

「そうだわ、沙羅なんてどうかしら!露切沙羅、可愛い名前じゃないかしら」

どうかしら、と覗き込むように反応を窺うその黒髪の少女を
赤錆色の暗殺者はじっと見つめていた。

「僕に名前なんて、分不相応です」
「そんなことないいとおもうのだけれど・・・私は、貴女のことを呼びたいわ」
「なら、認識番号の十七番で事足りるかと」

そう言えば、少女はむぅっと口をとがらせ、次いでぷいっとそっぽを向いてしまった。
――怒らせてしまっただろうか。
そう考えて、何か言葉を出すとするが、その時は上手い言葉は出てこなかった。



*   *   *



「って言うことが昔あってねぇ」
「へぇ」

漸くまともに作れるようになってきたぺたんこのホットケーキを昼食に
露切・沙羅と澪桜・満月はそんな話を交わしていた。

「昔話なんて珍しいな、おまえ昔のこと話すのキライだろ?」
「必要を感じないだけだよ」

追加のメープルシロップをかけて、もぐもぐとホットケーキを食べ進める。

「あいに行かないのか?」
「うん?」
「今話しに出てた“幼馴染”に」
「うーん、今は会えないかなぁ・・・・・・まぁ、そのうち逢えるさ」

のんびりとはなしながら、何気ない日常は過ぎていった。


スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿










 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。